*

セカンドオピニオン

癌治療で二番め意見を選ぶ場合、どのような意図でセカンドオピニオンを受診するのかということを明瞭にさせておくことが有意義です。

「差し当たって受診している主治医に不満足があるので別個のドクターに診察してもらいたい」、「主治医に秘密にして、セカンドオピニオンを受け取りたい」というような道理はセカンドオピニオンとは言いません。

明白に主治医を変えたいという目当てでセカンドオピニオンと言っているのならそれは、「転医」や「転院」になるということをちゃんと認識しましょう。セカンドオピニオンを受診する前に、主治医の考え方を聞いて自分自身がどう思ったかを手直ししてみましょう。そして第三者であるセカンドオピニオンからどうして見解を聞き取りたいと思ったのかといったことを調節します。

本人が主治医の評価を聞いて感じたことや、どんなことに対して胡散臭さを持ったのかということを確定的にすることで、どこの病院でセカンドオピニオンを受診すればよいのかということもわかってきます。

荒木式がん対策とは?

 

次の記事も読んでね!!

  1. セカンドオピニオン
  2. エアロビクス


コメントする