*

健康

セカンドオピニオン

癌治療で二番め意見を選ぶ場合、どのような意図でセカンドオピニオンを受診するのかということを明瞭にさせておくことが有意義です。

「差し当たって受診している主治医に不満足があるので別個のドクターに診察してもらいたい」、「主治医に秘密にして、セカンドオピニオンを受け取りたい」というような道理はセカンドオピニオンとは言いません。

明白に主治医を変えたいという目当てでセカンドオピニオンと言っているのならそれは、「転医」や「転院」になるということをちゃんと認識しましょう。セカンドオピニオンを受診する前に、主治医の考え方を聞いて自分自身がどう思ったかを手直ししてみましょう。そして第三者であるセカンドオピニオンからどうして見解を聞き取りたいと思ったのかといったことを調節します。

本人が主治医の評価を聞いて感じたことや、どんなことに対して胡散臭さを持ったのかということを確定的にすることで、どこの病院でセカンドオピニオンを受診すればよいのかということもわかってきます。

荒木式がん対策とは?

 


エアロビクス

人類は、スポーツしているときに血圧が上昇することが分かっています。

ひときわ「無酸素性運動」と呼ばれる凄まじい運動競技は血圧の増大がいきなりになるので、高血圧症の人にとって賭けです。無酸素性運動とは、一瞬的に呼吸をとめ短い期間にパワーを振り絞ってするようなモーションのことをいいます。「酸素を使わずに」活動力を産みだすことから、無酸素運動と呼ばれていて糖類を使って気力を作り出し、ひと通りのアビリティーを出し切るにほど近い筋力を短かいタイムで使います。

このエキササイズは腕力の数量を引き上げることに結びつき、瞬発的な筋力を強める影響があるのです。短い間でびしびし動く、重量挙げや懸垂などの筋力トレーニングが無酸素性運動に当たります。一方で、高血圧症の人に向いているのは「エアロビクス」と呼ばれるエキササイズです。

藤城式の高血圧改善法とは?

軽いから中程度のスポーツを長い時間をかけて行うことで、「酸素を使って」腕力を動かすためのエネルギー源である脂肪組織を燃やすことからそう呼ばれています。高血圧の是正に効力があると共に、高血圧症の人に一体化して起こることの多い脂肪ぶとりや真性糖尿病など生活習慣病の更正にも効力があるとされています。